お問い合わせ

04-2991-1155

9:00~19:00

 『家』さがしからお引越しまでの流れ

そろそろマイホームが欲しい!今年こそマイホームの夢を現実にしようと準備している方も多いいはずです。

ただマイホームの夢を叶えるためにはいくつもの段階を経て、クリアにしなければならない事がたくさんあります。

理想の住まいを求める方は参考にして下さい。

家族の希望を絞り込む

 まず、どんなマイホームに住みたいか決める事が大切になります。

しっかりとしたプランづくりをしておかないと、満足度は半減し無駄な時間がかかってしまう事になります。

具体的な行動に移る前に、どこの街に住みたいか、マンションか一戸建てか、新築か中古かといった

 

希望条件に優先順位をつけて絞り込みましょう。

情報収集

住宅情報誌、新聞広告、折込チラシ、インターネット、HP、不動産会社への訪問で積極的に物件情報を集めましょう。

 

希望物件に合わない情報、不安を感じた広告については、必ず問い合わせ等をして情報の絞込みをしましょう。

 

モデルルームの見学も積極的に!

安心・確実な資金計画

資金計画とは、いくら借り入れられるかではなく

 

   いくらなら返していけるのかといった無理のないシミレーションをたてることです。

 

購入後の生活も考えて長期的な展望から検討しましょう。自己資金の目安は、総経費の25%~30%位です。

 

余裕をもった資金計画がマイホームの最大のポイントとなります。

現地を見学する

 不動産会社や広告からの情報は、自分の『目』と『足』で確認した情報と一致していないことがあります。

 

必ず通常の交通機関を使って現地を訪ね、通勤・通学の便、日常の買い物はどうかといった周辺環境を確認しましょう。

 

現地には家族と一緒に行き近所や地元の人から情報収集するのもいいでしょう。

購入申し込み、そして契約締結

満足いく物件がありましたら、申込書で購入の意思表示をします。

 

その後1週間以内の間で申込金(手付金)を用意し契約となります。

 

契約の際ローンの申し込み等で必要書類など用意するものが沢山あるので、早めの確認・準備が必要です。

 

売買契約で一番大切なことは、

契約書にサインする前に、宅地建物取引主任者から書面で重要事項説明を受けること。

 

契約書にサインすると解約が難しくなるので、納得がいくまで質問しましょう。

入居説明会と内覧会

未完成物件の契約を行った場合、建物が完成した後ローンの契約や登記代行申し込みするための入居説明会や、

 

マイホームを自分の目で確認する内覧会が行われます。

 

設備や仕上げ内容が違ったり、工事の不具合を発見したら遠慮せず指摘し、速やかに補修を依頼すること。

決済と引渡し

ローンの決済の手続きをして残金を振り込むと、

 

いよいよ待望のマイホームの鍵を受け取って物件保証書、受取書等にサイン捺印をして引渡しとなります。

 

決済日には決済に立ち会う司法書士が必要な書類を確認し、所有権移転登記を行うこととなっています。

 

戸建住宅の場合は、配置図・平面図・立面図・仕様書・設備図など図面一式も受けとります。

引越し、そして待望の入居

 引渡し後は早めに複数の引越し業者から見積もりをとり、比較検討してから入居日を決める。

 

引越しの準備や転居・転校・住民票移転・ライフラインの使用連絡など

 

多岐にわたる手続きがあるので入居前にダンドリよくすることがポイント!です。